グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  事業実績 >  第3回磐田市異業種交流会を開催いたしました

第3回磐田市異業種交流会を開催いたしました


11月14日(金)、15日(土) 掛川市にあるヤマハリゾートつま恋にて磐田市異業種交流会を開催いたしました。

この研修会は、磐田市職員と民間企業社員が研修を通して交流を図るもので年1回開催され、今年が3回目となります。

第3回異業種交流研修会を開催

11月14日(金)9:00から15日(土)13:00まで、掛川市満水「つま恋 カンファランスセンター」において、第3回異業種交流研修会が開催されました。この研修会は一昨年度から開催されています。磐田市は、以前からグローバルな人材を育成するため、職員が行政以外の民間企業やNPO法人、大学等に所属する人材と幅広く交流し、知識を吸収する形の研修会を検討しており、本年度も本学総合研究所が受託して実現させました。 磐田市内に事業所を持つ中小120余の民間企業に対して本学から研修会参加の呼びかけを行い、企業から20代後半~60代までのトップや今後企業を担う幅広い人材10名と、磐田市の各部署中堅職員11名が参加しました。

本年度の研修テーマは “磐田力の発掘” ~ヒトの発掘,能力の発掘,そして組織力へ~

研修コーディネーター永山教授によるオリエンテェーションのあと話題提供があり、 入試広報課長・サッカー部総監督 三浦哲治氏による「人の発掘、人の育て方・接し方、個人からチームへ」と題し、本学サッカー部を全国有数の大学チームに育て上げた経験に基づく自身の成功例・失敗例を交えながら「人・組織の活かし方」を語ってもらいりました。

続いてワールドカフェによる問題抽出では、この方式によるディスカッション初体験の方多く、はじめ戸惑いながらも、ラウンド1「現場での個の育成」ラウンド2「女性活躍の場つくり」ラウンド3「地域経済性」等4グループの全員がほとんど入替わったグループで意見を述べ、あっという間に午前終了しました。午後以降は当初指示したグループ毎に上記のテーマを活発に討論し、様々な観点考え方からキーワードを模索しました。

第2日目は永山教授により、前日までに各グループから出されたキーワードを基に、考え方、問題の捉え方、など中間講評があり、昨日までの抽出したキーワードを「磐田力とは」にまとめあげる討論を行い、各グループ図表化して最終プレゼンに臨みました。最終講評で永山教授から、「このプレゼンは結論でなく、プロセスであり、これからも様々な角度から考え、行動してみよう」と講評を行いました。

参加者からは「長い1日半の研修でしたが、気がつけば終わっていました。立場や年代層の異なった方々と意見交換し、ものの見方、考え方を学ぶことができ、得た内容を仕事に活かしていきたい。新鮮で楽しかった。また参加したい」との感想をお聞きしました。

今回も産・官・学の幅広い年代層が集まって様々な考え方、意見、問題解決の方法を探り、語り合い充実した研修会でした。

写真1 三浦課長話題提供

写真2

写真3 グループ討議と発表

写真4 グループ討議と発表