グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  事業実績 >  第2回ルネサンス市民パソコン講座が開講いたしました

第2回ルネサンス市民パソコン講座が開講いたしました


静岡産業大学経営学部において、第2回ルネサンス市民パソコン講座(主催:静岡産業大学総合研究所、共催:静岡産業大学経営学部、後援:磐田市)が6月4日(水) 13:00から15名の受講生を迎え講座開講しました。

総合研究所主催 第2回ルネサンス市民パソコン講座開講

本学でのパソコン講座の歴史は経営学部開学3年目の平成9年から開講、延べ1千人以上の方が受講された歴史のある講座ですが、日常家庭でもパソコンを使う生活が浸透すると同時に、そのニーズも多様化し、秋のパソコン講座の際のアンケートにおいても様々な要望が寄せられるようになってきました。「パソコンの使い方をじっくり時間かけて学びたい」という声がここ数年多く見られ、「ないものづくり研究所」をめざす総合研究所が本年も主催しました。

講座の狙いは「パソコンの様々なソフトの使い方を学び、マスターする」こともありますが、毎週水曜日の午後、同期の方々と語り、教え会い、何年前かの学生時代に帰り、学生生活を楽しむ(Renaissance =再生、復興)、そして修了時「新しい喜び、楽しみ」を掴んでいただければ講座の目的は達成と考えています。

本年度は大学のPCがリプレイスされて初めての社会人対象のパソコン講座です。昨年のようにPCのOSを聞いて辞退という方もなく、15名の受講参加者は40~70代までの方々で、以前は企業戦士で今は悠々自適、パソコンのある生活をもっともっと楽しみたい方、忙しい家事の中スキルを磨く前向な主婦の方など様々です。
受講生の皆さんは前半緊張した面持ちで講座に取り組んでいましたが、担当の藪崎先生の親切な説明と気さくな会話で、中盤からは緊張がほぐれ、笑いと隣の人と教えあうシーンも見られました。またアシスタント学生3人も受講者が「留まる」とすぐフォローにまわり、受講者から「これからもよろしく!」と声がかかっていました。

今後毎週水曜日13:00~16:10まで、8月6日まで開講され、図書館などキャンパスツアーも検討中です。学内で「ルネサンス市民パソコン講座」の名札をつけた方と行き会ったら、ぜひお声がけください。